消防団の活動紹介

最新の情報をお届けします。

郡山市消防団員が消防庁長官表彰を受章しました。

平成29年3月21日(火)福島県県中地方振興局郡山合同庁舎において、消防功労者・消防庁長官表彰伝達式を行いました。

今回受賞した表彰は永年にわたり消防活動に従事した方に贈られる永年勤続功労章です。

 

表彰.jpg

郡山市消防団受賞者

 

 受賞者(郡山市消防団)は以下の通り。

 郡山中央地区隊長  七海 和浩(写真左)

 日和田地区隊長     行之内 伸郎(写真中央左)

 片平地区隊長     日下部 勝喜(写真中央右)

 西田地区隊長     鈴木 昭重(写真右)

 

≫ 続きを読む

2017/04/17   kshobodan

平成28年度消防装備配置式を行いました。

平成29年3月24日(金)にカルチャーパークにて消防装備配置式を行いました。今年度は、消防ポンプ車3台、小型動力ポンプ9台、積載車12台が更新となり、15地区隊中13地区隊に配置されました。

配置式終了後、新たに配置される車両やポンプの説明会を行い、性能を確認しました。

新たな車両等により、より一層安全・安心なまちづくりに貢献してまいります。

 

2枚目.jpg

吉﨑副市長より配置令書を授与

 

3枚目.jpg

平成28年度配置となった車輌

 

≫ 続きを読む

2017/04/17   kshobodan

平成28年度図上訓練を行いました。

 平成29年2月15日(水)に、ヨーク開成山スタジアム内にて、郡山地方広域消防組合主催による図上訓練に併せて郡山市消防団独自の図上訓練を実施しました。

 福島県沖でマグニチュード7.9の地震が発生したという想定のもとで訓練が行われ、市内各所で発生した災害や事故等に対し、様々な対応が求められるという状況の中、消防団本部役員の指揮のもと、各地区隊への指示を通して、臨機応変に災害に対応する訓練を行いました。

 このような訓練は、平成23年より毎年実施しており、今回の訓練では全地区隊参加の大規模な訓練となりました。また、全地区隊の中から、郡山西、富久山、田村地区隊をモデル地区隊と指定し、より実践に近い訓練となりました。

P2153865.JPG

P2153879.JPG

≫ 続きを読む

2017/03/13   kshobodan

平成29年郡山市消防団出初式を開催しました。

 平成29年1月8日(日)及び9日(月)に、平成29年郡山市消防団出初式を各地区において開催しました。

 出初式は、古くは江戸時代から続く消防行事で、全国の消防団や消防署で行われており、現在では俳句等の季語にもなっている新春恒例行事です。

 開成山公園自由広場で開催した、郡山中央、郡山東、郡山西地区隊、団本部女性班、郡山市女性消防協力会郡山地区会及び郡山地方広域消防組合郡山消防署の合同出初式では、消防団員をはじめとする358名が参加し、御来賓や市民の皆さんの前で、強固な消防体制の確立と市民生活の安全確保の決意を新たにしました。

 また、式典終了後には、郡山中央、郡山東、郡山西地区隊及び郡山消防署の合同による放水訓練を実施しました。

 

RIMG1996.JPG

RIMG2044.JPG

RIMG2111.JPG

≫ 続きを読む

2017/02/10   kshobodan

全国消防操法大会で郡山市消防団(郡山西地区隊)が優良賞受賞!

 10月14日(金)に第25回全国消防操法大会が長野県南長野運動公園で開催され、福島県代表として郡山市消防団郡山西地区隊がポンプ車の部に出場しました。

 郡山市消防団の全国大会出場は、平成20年の出場以来、8年ぶり6度目となります。

 ポンプ車の部は各地域の大会を勝ち抜いてきた25チームの参加となり、いずれもレベルの高い消防操法技術を披露していました。(小型ポンプの部は22チーム出場)

 その中でも、郡山市消防団は優良賞という素晴らしい功績を残すことができました。これは、福島県代表のポンプ車の部としては、過去最高位タイの功績となります。

 郡山市消防団は、操法大会で培った高い消防技術をもって、今後も地域の安全・安心に貢献してまいります。

 

 ポンプ車の部

 優勝:松江市消防団(島根県)

 準優勝:志賀町消防団(石川県)

 準優勝:和気町消防団(岡山県)

 準優勝:南あわじ市消防団(兵庫県)

 優良賞:遠野市消防団(岩手県)

 優良賞:岡崎市額田消防団(愛知県)

 優良賞:諏訪市消防団(長野県)

 優良賞:福生市消防団(東京都)

 優良賞:郡山市消防団(福島県)

 優良賞:十和田市消防団(青森県)

 

3.全国大会 (7).jpg

開会式の様子

3.全国大会 (10).jpg

郡山西地区隊の操法の様子

3.全国大会 (12).jpg

優良賞に輝いた選手たち

 

選手

指揮者:飛田 晃成

1番員:大場 和宏

2番員:佐藤 淳

3番員:遠藤 博晴

4番員:影山 敬祐

補 員:根本 洋延

≫ 続きを読む

2016/12/13   kshobodan

福島県消防操法大会で郡山市消防団(郡山西地区隊)が優勝!!

 9月4日(日)に第40回福島県消防操法大会が福島県消防学校で開催され、郡山市からはポンプ車の部の代表として郡山西地区隊、小型ポンプの部の代表として田村地区隊が出場しました。

 各地域の支部大会を勝ち抜いてきた出場チームは、いずれもレベルの高い消防操法技術を披露していました。

 その中でも、郡山市消防団の2チームは、郡山西地区隊が優勝、田村地区隊が第4位というどちらも素晴らしい成績を残すことができました。

 優勝した郡山西地区隊は、10月14日(金)に長野市で開催される全国消防操法大会に出場します。

 

 ポンプ車の部

 優勝 郡山市消防団  準優勝 塙町消防団  3位 南会津市消防団

 小型ポンプの部

 優勝 南相馬市消防団  準優勝 田村市消防団 3位 白河市消防団

 

 

RIMG1522.JPG

郡山西地区隊の操法の様子

RIMG1541.JPG

田村地区隊の操法の様子

≫ 続きを読む

2016/09/15   kshobodan

第46回消防操法大会郡山支部大会を開催しました

 消火作業の要となるポンプの操作技術の向上を目的として2年に1度開催されるこの大会では、毎回白熱した競技が繰り広げられます。

 今年もまた、各地区の消防団員が息の合った連携で的確な操法を披露し、日頃の訓練の成果を遺憾なく発揮しました。

 ポンプ車の部は郡山西地区隊が優勝。小型ポンプの部は田村地区隊が優勝し、両地区隊は、9月4日に福島県消防学校で開催される第40回福島県操法県大会に郡山市消防団の代表として出場します。    

 ※順位・優秀操作員賞(個人賞)は以下のとおり。

 

ポンプ車の部

1位 郡山西地区隊  2位 逢瀬地区隊  3位 郡山東地区隊

小型ポンプの部

1位 田村地区隊   2位 熱海地区隊  3位 日和田地区隊

 

個人賞 ( )内は地区隊名

 

ポンプ車の部

指揮者 飛田 晃成(郡山西)  1番員 大場 宏和(郡山西)

2番員 佐藤 淳(郡山西)    3番員 遠藤 博晴(郡山西)

4番員 星 勇人(逢瀬)

 

小型ポンプの部

指揮者 熊田 裕一(田村)    1番員 藤田 俊明(田村)

2番員 本田 拓也(熱海)     3番員 添田 拓廊(熱海)

 

DSCN3547.JPG

≫ 続きを読む

2016/07/28   kshobodan

郡山市消防団幹部大会を開催しました。

 平成28年度郡山市消防団幹部大会を、郡山市役所正庁で開催しました。

 郡山市消防団は、火災予防・災害対応などを盛り込んだ大会宣言と、理想の消防人像と防災体制確立を目指す決議を採択しました。

 大会では、消防団員を雇用し、日頃消防団活動に協力いただいている事業所の表彰、火災発生時に初期消火活動に協力いただいた方への表彰とともに、永年消防団活動に尽力してきた団員への表彰が行われました。

DSCN3740.JPG

表彰を受ける諏訪 政幸氏

 

協力事業所表彰 

新日本電工株式会社郡山工場 工場長 西 稔彦 様

 

火災予防等功労者表彰

渡邉 昭一 様・幸子 様、諏訪 政幸 様、伊藤 三喜子 様、佐久間 健太 様、國分 好貴 様・亜美様、栁沼 夏帆 様、半澤 梨乃 様、鈴木 清一 様・美智子 様、西川 秀哉 様、鈴木 正一 様

 

≫ 続きを読む

2016/07/28   kshobodan

郡山市消防団ボート漕艇訓練を開催しました。

 郡山市消防団は、水害発生時に迅速な救助活動を行えるよう、ボートによる救助訓練を猪苗代湖において実施しました。

 今回の訓練では、船外機付ボートを装備した郡山中央・郡山東・富久山・湖南地区隊、ゴムボートを装備する安積・田村地区隊が参加し、大規模な訓練を行いました。

 郡山消防署・大槻基幹分署・喜久田基幹分署・湖南分署員の指導の下、狭い場所での走行訓練や溺れた人を救助する訓練の見学等、本番さながらの訓練に励み、水害等発生時の対応について、確認しました。

DSCN3870.JPG

船外機付ボート訓練の様子

≫ 続きを読む

2016/07/28   kshobodan

平成28年度郡山市消防団・郡山消防本部春季連合検閲式を実施しました。

 6月5日(日)に、郡山カルチャーパーク第4駐車場において平成28年度郡山市消防団・郡山消防本部春季連合検閲式を実施しました。

 消防団員及び消防職員1,800名、消防車両190台、バイク3台が参加した消防団最大級の式典では、分列行進を行い、多くの御来賓の皆さんの前で堂々とした姿を披露し、地域の防災への決意を新たにしました。

 式典の中では、永年にわたる消防活動の功績を称え、延べ682名の消防団員に対して表彰を行い、三穂田地区隊の須賀弘幸訓練部長が、受賞者を代表して謝辞を述べるとともに今後一層の消防団での活躍を誓いました。

 また、逢瀬地区隊が管轄する逢瀬町では、平成27年5月4日以来、火災が発生しておらず、1年間無火災を達成しました。これを称え、逢瀬地区隊長が郡山市消防団長より無火災表彰を受賞しました。

 これも逢瀬地区隊の積極的な予防消防活動が実を結び、安全・安心な地域づくりに貢献した結果と言えます。

 郡山市消防団は、今後も防火活動に尽力し、火災のない郡山市を目指して活動してまいります。

 

RIMG0929.JPG品川萬里市長による閲団

 

 

 

 

 

 

RIMG1009.JPG消防車両の分列行進

 

 

 

 

 

 

RIMG1084.JPG表彰を受ける三穂田地区隊の須賀訓練部長

≫ 続きを読む

2016/06/09   kshobodan